新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の請求について

<本会への請求対象>
被接種者が住民票所在地外にある医療機関等で予診や接種を受けた場合の予診費用及び接種費用

時間外・休日に接種を実施した際の費用請求について

新型コロナウイルスワクチンの時間外・休日の接種及び個別接種促進のための支援事業の請求方法について、厚生労働省健康局健康課予防接種室(令和3年6月23日付け事務連絡)より発出されましたので、以下のPDFファイルをご参照ください。

新型コロナウイルスワクチンの時間外・休日の接種及び個別接種促進のための支援事業の請求方法について(PDF)

請求について

<請求書類>
・接種券付き予診票の原本及び接種券を貼付した予診票の原本
・請求総括書
・市区町村別請求書

<市区町村コード一覧>
市区町村コード一覧(全国版)(PDF)

<請求期日>
接種を実施した日の属する月の翌月10日まで
(10日が土曜日、日曜日、又は祝日の場合、これらの日の翌日)
※令和3年2月実施分及び3月実施分については、令和3年4月1日から12日までに請求

<送付先>
提出書類の送付先
〒263-8566
千葉市稲毛区天台6丁目4番3号
千葉県国民健康保険団体連合会
業務第一部 管理課 審査システム係

※請求書類の送付については、新型コロナウイルス感染防止のため、原則郵送(可能であれば配達履歴が分かるもの)でお願いいたします。
送付用の封筒の表面に「新型コロナウイルスワクチン接種費用請求書 在中」と朱書きしてください。
また、通常の診療報酬請求には同封せずに単独で送付してください。
(下記ファイルは請求書類送付の際の宛名ラベルとしてお使いください。)
送付用宛名ラベル(Word)

<留意事項>
複数市町村が共同で接種体制を構築した場合の新型コロナウイルスワクチン接種に係る費用請求について

複数市町村が共同で接種体制を構築した場合、当該市町村間の請求は、被接種者が住民票所在地の市町村において接種等を受けた場合と同様に取り扱うこととされています。

※共同接種体制を構築している地域を、以下に掲載いたします。

支払について

<支払期日>
本会へ請求のあった日の属する月の翌々月25日まで
(25日が土曜日、日曜日、又は祝日の場合、その日前において最も近い土曜日、日曜日又は祝日でない日)

<支払先>
・診療報酬又は特定健診等の振込先として指定している口座
・介護給付費等の振込先として指定している口座
※委任状に記載された医療機関等コード・介護保険事業所番号で登録されている口座

<支払先変更>
やむを得ない事情により別の支払先口座を指定する場合は、本会にお問い合わせいただき、「様式5-2口座変更時の国保連への提出書類」を記載の上、本会、業務第一部管理課審査システム係に送付してください。
(様式については、下記「厚生労働省ホームページ」からダウンロードしてください。)
なお、集合契約に参加した月(取りまとめ団体へ委任状を提出した日の属する月)の翌月の20日までに口座情報を本会に報告してください。

様式・手引き等掲載先

新型コロナワクチンの接種を行う医療機関へのお知らせ/厚生労働省ホームページ
URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_iryoukikanheno_         oshirase.html