ちばこくほ

ようこそ千葉県国民健康保険団体連合会ホームページへ

当サイトでは、千葉県民のみなさまに健康づくりに役立つ情報や国民健康保険に加入されている被保険者の方々に国民健康保険を正しくご利用いただくための情報などをお知らせしています。

  • 文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大

特定健診・特定保健指導とは

特定健診

特定健診とは、平成20年4月から施行されました「高齢者の医療の確保に関する法律」第18条で「糖尿病その他の政令で定める生活習慣病に関する健康診査」と定められ、医療保険者に実施が義務づけられています。糖尿病等の生活習慣病に主眼を置いた健診であり、そのため生活習慣病のリスクを増幅するメタボリックシンドロームに着目した健診となっています。

対象者は40~74歳のすべての方です

特定健診・特定保健指導の対象者は、医療保険者(市区町村国民健康保険、国民健康保険組合、健康保険組合、全国健康保険協会、共済組合など)に加入している40~74歳の方です。被保険者の方だけでなく、主婦などご家族の被扶養者の方も対象となります。 対象となる方は、医療保険者が実施する健診・保健指導を受けることになります。 事業主健診(勤務先の事業主が行う健診)を受けている方は、その結果が加入している医療保険者に伝えられ、特定健診として扱われます。

※制度の詳しい内容については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

特定健診等実施機関の皆さまはこちらへ